インプラントブログ

インプラントブログ

2018/12/10お役立ちコラム

インプラントの歴史と当院のインプラントシステムについて

    インプラントの歴史について

インプラントの歴史はとても古く、ヨーロッパで上顎に鉄製のインプラントが埋まっている紀元3世紀頃のローマ時代の人骨が発見され、また、中南米では下額に貝で作られたインプラントが埋まっている紀元7世紀頃の人骨が発見されています。

しかし確実な治療法になったのは比較的最近です。1952年に金属のチタンを骨の中に埋めると骨と結合する現象が発見され、1965年にスクリュー形状のチタン製のインプラントの臨床応用が開始されました。

骨と結合するインプラントの登場によってインプラントの臨床成績は著しく向上しました。骨と結合するインプラントの臨床結果が優れていることが世界的に知られるようになったのは1980年代になってからです。

 ブローネマルク・インプラントとは

1965年に実用化された世界初のインプラントで、他のインプラントに比べ臨床実績が長く、高い信頼性を誇るインプラントシステムと言われており、かつては、このブローネマルク・インプラントは世界50カ国以上の国々で1,000万人以上の患者様の治療に使われていた国内シェアーNo.1のシステムでした。しかし長期成績がストローマン・インプラントよりも劣ることが世界中の医療機関のデータから明らかになりシェアーは落ちつつあります。 

   ストローマン・インプラントとは

ストローマン・インプラントは世界70カ国以上で使用されているインプラントメーカーで世界のインプラント市場でトップクラスのシェアーを誇ります。ストローマン・インプラントは特に研究に力を入れており、優れた製品特性および長期的な安全性を示す豊富な科学的根拠により、世界中で高い信頼を得ています。

国際的非営利学術組織であるITI (International Team for Implantology)の協力によって学術的に検証された信頼性の高いインプラントを作り続けています。

当院のインプラントシステム

かめい歯科クリニックでは世界のインプラント市場でトップクラスを誇るストローマン・インプラントを採用しています。

ブローネマルク・インプラントの場合、骨との結合に要する時間は上顎で6カ月、下顎4カ月必要になります。

当院で採用している、ストローマン・インプラントの場合骨との結合に要する時間は上下顎共に2カ月ですみます。

その中でも2014年に認可を得た『SLActive』というインプラントシステムは、わずか3週間で骨と結合するといわれています。

また万が一トラブルがあった場合でも、多くの歯科医院で採用されているストローマン・インプラントなら世界中の歯科医院、日本国内の多くの歯科医院でも対応可能であるというメリットもあります。

転勤や引越しの可能性がある方でも、転居先で適切な対応が受けられます。50年以上にわたるインプラントの研究、開発に取り組み続け、徹底した品質管理のもとで製造されているストローマン・インプラントだからこそ多くの歯科医院、患者様に選ばれています。

 

インプラントに関する事がございましたら是非かめい歯科クリニックまでご相談ください。

 

【インプラント専門ブログ】名張市のかめい歯科クリニック

住所
〒518-0465 三重県名張市赤目町丈六449-1
診療時間
平日 8:30〜19:00
木曜 8:30〜13:00
土曜 8:30〜16:30
休診日
木曜午後・日・祝
最寄駅
赤目口駅
電話番号
0595-64-3155

一覧に戻る

かめい歯科クリニック関連記事はこちら

かめい歯科クリニックあなたへオススメの記事はこちら

かめい歯科クリニックこの記事を見た人はこんな記事も見ています

CASE別でみる
インプラント治療
インプラント治療が
不安な方へ
Case1
入れ歯が合わなくて
お悩みの方へ
Case2
インプラント治療を
あきらめた方へ
Case3
かめい歯科かめい歯科の6つの安心とこだわり
豊富な症例数と実績
安心の
カウンセリングシステム
痛みや腫れを抑えた
低侵襲治療
安全の
ナビゲーションシステム
充実した
メインテナンスシステム
インプラント治療専用
オペ室完備
インプラントで
失敗しないために
インプラントで失敗しないために
インプラント治療を
成功させるためのポイント
インプラントを
長持ちさせるために
こんな時
どうすればいいの?
こんな時どうすればいいの?
インプラントが外れた
治療後に腫れや違和感がある
インプラント歯周炎 
無料カウンセリングも承っております
まずはお気軽にご連絡ください
TEL0595-64-3155
Mailメールでのお問い合わせ→